カンガルーの小部屋

 カテゴリー 一覧

  • 2024.04.07

    クリニックだより ゆっくりとした時間

    4月7日、神戸市の休日急病診療所に出かけました。

    インフルエンザやコロナの検査は、時折陽性を示すものの

    ひところの忙しさはすっかりと落ち着いて、

    ゆっくりとした時間が流れます。

    あと数日で、小学校や中学校は新学期

    もう少しこのゆっくりとした時間に、身を任せることができればと思います。

    2024年4月7日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.04.04

    聴診器のむこうに はるかな尾瀬

    春休みを使って、高校2年生の男子が診察に来られました。

    男の子は、尾瀬の高校に内地留学しています。

    学校までの道のりには、うさぎや鹿が現れて、

    クマよけの鈴も必需品

    尾瀬に移り、地元の方と交流し、今のブームは陶芸です。

    レンガを使って、自分で窯を組み立てて、

    数日間、火のお世話をして、作品を焼き上げます。

    スマホでユーチューブを見せてもらいながら、

    すっかりと大人になった男の子を感じます。

    くれぐれも クマには気を付けて、暮らしてくださいね。

    2024年4月4日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.04.03

    クリニックだより 5年ぶりに開いてみて

    4月2日の夕方から、「入学前アレルギー説明会」を開きました。

    5年ぶりの開催ということで案内も不十分になり、参加された方は12名

    スライドを使い、食物アレルギーの説明と、エピペン実習を行います。

    少し説明が長く、みなさんお疲れ気味の説明会になりました。

    コロナ禍で、意識が弱くなってけれど、

    アナフィラキシーの対応の大切さを、もう一度伝えていく必要性を感じました。

    2024年4月3日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.04.02

    クリニックだより お花見には早いけど

    3月31日 いたやど地域の「さくらまつり」に出かけました。

    少し遅れて、妙法寺川の会場に着くと、

    いろいろな屋台が立ち並び、

    メインのステージでは、太鼓や管楽器の演奏で盛り上がります。

    クリニックの担当は、健康相談。

    組合員さんとともに、楽しいひと時を過ごします。

    少し疲れたけれど、来年もこの企画にのりのりです。

    2024年4月2日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.04.01

    クリニックだより 嘔吐が流行ってきたかな

    3月31日、神戸市の休日急病診療所に出かけました。

    インフルエンザやコロナは影をひそめ、

    目についたのは、ひどい吐き戻しの子どもたち

    点滴をして、顔色が戻るのを確認して、おうちに帰します。

    新型なにやらが流行ることなく、

    おだやかな春になりますようにと願います。

    2024年4月1日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.28

    クリニックだより やはり言葉が

    3月26日 夜半からの地面が揺れるほどの雷雨が落ち着いたものの、

    麻になっても、傘が役に立たないほどの外来の日

    午後からは、神戸市の1才半健診に出かけました。

    参加者が少なく、ゆっくりと相談をしたのですが

    来られた1歳半のお子さんの、半数近くが言葉が出ないか1つどまり

    おもちゃで遊んで、ご機嫌を取るのですが、

    はっきりとした言葉が聞き取れません。

    次の3才健診までの間が長いので、

    2才の時にもう一度見せてくださいとお願いし、健診会場を後にします。

    1才半で言葉が少ないのは、何故なんだろうと考えながら帰路につくと

    道路工事の現場には、かわいいキャラたちが並びます。

    道路沿いの公園には、雨上がりの花が咲いています。

    2024年3月28日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.25

    聴診器のむこうに 目つきが気になって

    10才の女の子が、インパクトのあるシャツを着て登場します。

    5人のキャラは、見知った顔なのですが、いつもと目つきが違います。

    女の子にお願いして、シャツを両手でピンと伸ばしてもらい、

    写真に収めるのですが、なにか気になります。

    変顔が、かわいくないと言えば、かわいくないし、

    気になるかといえば、とても気になるし

    人のこころを惑わせる、シャツに出会いました。

    2024年3月25日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.24

    クリニックだより 夢はこれから

    3月も半ばを過ぎると、大学入学の知らせを手に、子どもたちが訪れます。

    看護学部、システム工学、教育学部、農学部、映像関係

    大阪や東京、千葉に地元の兵庫の大学と

    夢を思い描いて受験勉強を続けて、手にいれた合格通知

    合格おめでとう、よかったね、おつかれさま

    これからが本当のやりたい勉強がはじまりますよと声をかけながら、

    外来診察がすすみます。

    困ったことが起きたら、また相談してくださいね。

    2024年3月24日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.02.15

    クリニックだより 言葉の心配が

    2月13日 神戸市の1才半健診に出かけました。

    月に一度の健診当番の日

    言葉の心配で見た子どもの、2才になった時のフォロー診察をします。

    そのあとは、1才半の子どもたちの相談に、

    この日はなぜか数名の心配な子どもたちを、フォロー健診にまわします。

    マスクで顔を隠して過ごす、コロナ生活が影響しているのかと気がかりです。

    また半年先にお会いして、元気なお顔を見せてくださいね

    2024年2月15日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.01.29

    クリニックだより 2日目も朝はやくから

    1月28日 医学部受験生の面接2日目

    この日は6名の高校生が来られました。

    親ガチャという言葉があらわす現実

    へき地医療の課題

    友だちと親友の相違点

    コミュニケーション能力について などなど

    1日目に続き、難しい課題を質問します。

    どの受験生もしっかりと考えて、的確な答えをされます。

    全員が合格されてもおかしくないと感じました。

    体調に気を付けて、楽しんで受験してくださいね。

    2024年1月29日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.01.28

    クリニックだより 合格されますように

    1月27日 医学部受験をひかえた学生さんに、模擬面接を行いました。

    自分が医師にむいているところは

    どうすれば、健康診断の受診率をあげることができるのか

    海外の高校生と、日本の高校生の違いは

    病床が満床の時に、次の救急依頼にどう対応するか などなど

    医師にとっても答えるのに難しい課題を投げかけます。

    本番ではリラックスして、合格を勝ち取ってくださいね

    2024年1月28日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.01.23

    聴診器のむこうに だいすきかもね

    4才の男の子は、不思議なお人形をもってきます。

    カンガルーに似てるけど、少し違うし

    正解は、「ガーデン・オブ・バンバン」の「クイーン・バウンセリア」だとか

    やっぱりこれは、カンガルー

    ゲームの中で、大暴れしてくださいね

    2024年1月23日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.01.16

    クリニックだより 少しでもお役に立てれば

    1月15日のお昼やすみ、

    能登半島地震への義援金のお願いに、いたやど商店街に14名で出かけました。

    「みなさんこんにちは。私たちは、抗米医療生活協同組合の組合員といたやどクリニックの職員です。ご存知のように、1月1日元旦から震度7の大きな地震が能登半島を襲いました。

    今日で発生から2週間になります。

    テレビやインターネットで流れる被災地の映像は、以前私たちが経験した阪神淡路大震災を思い起こします。あの時も寒い1月でした。

    明後日1月17日で、阪神淡路大震災から29年がたちます。

    家が崩れ、火事で家を失い、避難所でお風呂にも入れず、苦労されている被災者の方を思うと、同じように胸が痛みます。

    早く、元の生活に戻れますように、私たちも何か支援をと、義援金を集めることにしました。

    みなさんの温かいお気持ちを能登の方にお届けしたいと思いますので、ご協力よろしくお願いします。」

    義援金のお願い文を交代で読み上げ、商店街を歩かれるにお願いします。

    短い時間でしたが、2万円を超える義援金をお預かりしました。

    ありがとうございました。

    2024年1月16日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.01.13

    クリニックだより ありがとうございました

    1月12日 昼礼の時間に武本さんの送別会を開きました。

    1991年に入職され、

    採血、検尿、心電図、呼吸機能検査、エコー検査などなど

    臨床検査技師として診療を支えてこられました。

    花束と、マイメロのぬいぐるみをプレゼントし、

    最後は職員全員での記念写真。

    お体に気を付けられて、これからもいろんなことを楽しんでくださいね。

    2024年1月13日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.01.05

    クリニックだより 新年の互例会

    1月5日 お昼の時間に新年互例会をしました。

    栄養士さん手作りの、おぜんざいをいただき、

    新年のカンガルーの挨拶のテーマは、「災害に備えて」

    そのあと、ひとりひとり2023年をふりかえり発言します。

    物価高、消費税増税のなか、医療の公定価格は上がらず、

    どの医療機関の経営も苦しいなか、

    それでも、明るく笑顔を絶やさないで診療を続けていこうと決意します。

    今年もよろしくお願いいたします。

    2023年1月5日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.01.02

    クリニックだより 今年もよろしくお願いします

    明けましておめでとうございます。

    2024年辰年がはじまりました。

    能登地震、航空機事故と、悲しい出来事が続きます。

    みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

    カンガルーは、いつもより少なめのお酒をいただき、

    体重増加に気を配りながらお正月を過ごしています。

    カンガルーの今年の目標は、

    1年を通して6000~8000歩を目標に歩くこと

    しっかりと睡眠をとること、

    100冊を目標に読書に励むこと

    学会で1つ発表すること

    目標を達成できるよう、頑張ります。

    今年もよろしくお願いいたします。

    2024年1月2日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2023.12.30

    クリニックだより B型が流行ってきました

    12月30日は、今年最後の急病診療所の当番日

    朝早くから、駐車場は患者さんの車でいっぱいです。

    熱の患者さんは23名診察し、インフルA型7名、B型7名、コロナ0名

    年末にきて、B型インフルエンザが流行ってきました。

    粉薬、粒のお薬、吸入のお薬、

    リクエストに応えて、処方薬を決めていきます。

    残念だけど、お正月はゆっくり寝正月にしてくださいね。

    2023年12月30日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2023.12.29

    クリニックだより 完全制覇

    11才の男の子は、B型インフルエンザに罹りました。

    お話しを聞くと、5月にA型、9月にA型インフルエンザに罹ったとのこと。

    1シーズンに3つのインフルエンザに罹ることは、

    理論的には考えられるのですが、めったにないことです。

    「これで、完全制覇したね」と伝えると、

    まんざらでもなさそうな顔をみせてもらえたのが、救いでした。

    2023年12月29日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2023.12.28

    クリニックだより みんなにおすそわけ

    「淡路島の友人宅からいただいた、おすそわけです」との言葉とともに、

    患者さんのおかあさんから、おみかんをたくさんいただきました。

    数えてみると、25個もあります。

    ひとついただくと、とっても甘くて

    看護師さん、事務のひと、検査技師さん、レントゲン技師さん

    お昼休みにひとつづつ、手渡しにまわります。

    今年も一年、ご苦労様でした。

    ささやかですが、「おすそわけのおすそわけ」を、いただいてくださいね。

    2023年12月28日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2023.12.26

    クリニックだより プレゼント届いたかな

    新聞を開くと、「Sorry Xmas!」の大きな文字が

    「物流の2024年問題」の意見広告です。

    物流に携わる方の、労働の問題と人手不足の問題。

    クリスマスが明けた後の外来で

    6才の女の子は「科学の本をもらったよ」

    7才の子は、「シナモンのお人形」

    8才の女の子は「ミニヨンのお人形」

    でも、クリスマスの日に届かなくなると、ガッカリしちゃうよね。

    がんばろう、おとなたち

    2023年12月26日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

1/47