カンガルーの小部屋

 カテゴリー 一覧

  • 2024.04.13

    聴診器のむこうに ワニが好きな食べ物は

    採血が苦手な男の子に、「ねえねえ、ボクは動物のだれが好きかな」と質問します。

    男の子は「ワニ」と答えるので

    「だったらワニさんは、なにを食べるのが好きか知ってる?」と話を続けます。

    男の答えは「さかな」

    「さかなか、おさしみにして、わさびをつけて、おしょうゆで食べるのかな」

    と教えを乞うと、

    「なまのままやろ」とツッコミをいれられます。

    おかしな会話をしているうちに、苦手な採血も終わりに近づきます。

    2024年4月13日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.04.10

    聴診器のむこうに ともだち150人

    一年生になるおんなの子に、「ともだち100人できるかな」と声かけします。

    おんなの子は、「ちがうよ、150にんだよ」と答えます。

    すごい決意だなって、聞いていると

    「がっこうは、みんなで151にんだから、150にん」

    なるほど、じぶんの1をひいて、150人

    算数もばっちりな、すぐれものの一年生です。

    2024年4月10日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.04.09

    聴診器のむこうに ピカピカの一年生

    4月8日は、入学式

    朝からの雨の日になりましたが、入学式帰りの一年生が来られます。

    なかには、まっさらな学生服に身をつつんだ一年生も

    診察のために、脱ぎかけた手を止めてもらい、記念の一枚を撮ります

    さあ高校生活、元気でいってらっしゃい

    2024年4月9日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.30

    聴診器のむこうに 背を伸ばすためには

    中学2年生になる男の子のおかあさんの心配事は

    子どもの背が、もっと伸びるかということ

    まずは背を伸ばすための大事なこととして、

    「しっかりと寝て、栄養を摂り、運動をすること」の基本を伝えます。

    今日だけのおまけとして、

    「動物園に出かけてね、キリンを見るのも、いいみたいだね」と伝えると

    「ええ、そうなんですか」と、感激気味のおかあさん。

    「いやいや、それは、冗談です、

    それが本当なら、動物の飼育員さんは、

    みんな、2m越えの長身になりますよ」と、あわてて訂正します。

    診察室で使うジョークには、注意が必要ですね、

    2024年3月30日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.14

    聴診器のむこうに 心変わりは

    5才の女の子は、わたしが大好きな、変わり模様のトレーナー姿

    ゆっくりとなぜると、ちゃネコがシロネコに変身します。

    「誰に買ってもらっての」と尋ねると、「おばあちゃん」

    変わり模様のお服だけど、「おばあちゃん大好き」の気持ちは

    いつまでも変わらないでくださいね。

    2024年3月14日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.13

    聴診器のむこうに、 あったかうさぎ

    4月から1年生になる女の子を診察しようとすると、

    ジャンパースカートの下から現れたのは、しろいうさぎさん

    ポシェットではなく、トレーナーにしっかりとくっついています。

    女の子が自分で選んだ、かわいいお服

    うさぎさんと一緒に温かくして、この寒さを乗り切りましょうね

    2024年3月13日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.11

    聴診器のむこうに 顔の違いが

    春から大学生になる女の子は、カエル大好き女の子です。

    「カエルって、ひとり一人、顔が違うの」と尋ねると、

    「みんな、違いが判ります」と答えます。

    そういえば、昔は同じ顔に見えたワンちゃんも、

    ナナとハッちゃんと暮らしてからは、お顔の形の違いも表情もわかるようになりました。

    好きになる気持ちがあれば、カエルさんの顔も個性もわかるようになるのですね。

    また一つ、勉強になりました。

    2024年3月11日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.10

    聴診器のむこうに ポケ仲間

    7才の男の子とは、ポケモン仲間

    今日も大きなぬいぐるみを、持ってきて見せてくれます。

    今日のポケモンは、ゴンべと、進化したカビゴンです。

    机の上に座らせて、男の子と一緒に診察をしてと、

    次は、どの子が来るのか楽しみです。

    2024年3月10日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.09

    聴診器のむこうに うれしいけどさびしくて

    11才の女の子は、自然学校に行った時のお話をしてくれます。

    2日目の課題は、おうちに、おはがきを書くこと

    女の子は、「すこしも、さびしくないです」と書きました。

    うけとったおかあさんは、少し複雑な気持ちに

    大きくなって、うれしいけれど、さびしさも

    親子の関係は、次のステージへと、また一段階段を上ります。

    2024年3月09日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.07

    聴診器のむこうに なかから現れたのは

    4才の男の子のバッグから、何かがのぞいています。

    開けて見せてもらうと、いろいろなぬいぐるみ

    ひとつを取り出してみせてもらうと 「やどかりくん」

    旅行先から、連れて帰ってきたそうです。

    それにしても、おおものの「やどかりくん」

    背中のおうちは、3LDKくらいは、ありそうですね。

    先生は、お家賃はいくらかが、気になってしかたありません。

    「かどかりくん」

    2024年3月7日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.06

    聴診器のむこうに すし食いねえ

    3才の男の子は、画用紙に書かれた絵を見せてくれます。

    ゆっくり見ると、お寿司のフルコース

    えびに、あなごに、たまごに、うに

    指をさしながら、男の子と一緒に確かめます

    待合室で時間を過ごすとき、おかあさんに書いてもらったとか

    きっと、お料理もお上手なおかあさんなのでしょうね

    2024年3月6日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.05

    聴診器のむこうに 15才の大谷選手

    15才の男の子が、青い服を着て入ってきます。

    電子カルテに目が向いていて、青い服だなって思っていると、

    看護師さんは、「大谷選手のドジャーズやね」と、速攻で反応します。

    ロサンゼルスに住んでいる親せきの方が、送ってくれたとか

    この服とともに、彼女もできるといいですね。

    2024年3月5日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.03.02

    聴診器のむこうに やっと届きました

    7才の男の子の持ち物は、タイガースグッズのフルコース

    帽子に、メガホンに、大山選手のサインが入って野球ボール

    なかでも、AREのロゴ入りのメガホンは

    注文して4か月後の、昨日やっと届きました。

    来年のシーズンも、アレメガホンで応援できると素敵ですね。

    2024年3月2日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.02.26

    聴診器のむこうに ポケガシャポン

    4才の男の子のおうちには、かわいい妹さんが生まれました。

    妹さんが気になりながらも、手にしているのは小さなおもちゃ

    お店屋さんの前によく置いてある、「ガシャポン」のミニミニ版です。

    組み立て式になっていて、男の子は小さな手で器用に完成させます。

    妹さんが大きくなって、一緒に遊べるともっとたのしいですね。

    2024年2月26日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.02.23

    聴診器のむこうに 名前はポチ

    3才の女の子のダウンの間から、ワンワンが顔をのぞかせています。

    名前は「ポチ」といいます。

    どこに行くにも一緒の、なかよしさん

    でも初対面だと、ちょっとびっくりされますよ。

    2024年2月23日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.02.21

    聴診器のむこうに マトリューシカみたいに

    ことし一番冷え込む日に、8才の女の子を診察します。

    服を脱いでもらおうとすると、コートだけで3枚重ね

    「全部で、7枚着ているよ」とマトリューシカさんが答えます

    坂道は、横になって転がると、早く進むかもしれませんね

     

    2024年2月21日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.02.20

    聴診器のむこうに ぐったりしてるけど

    6才の女の子が、なにやら白いものを持って遊んでいます。

    机に乗せると、ぐったりとして、元気がありません。

    少し持ち上げて、顔を合わせても、鳴き声も聞かれません

    「これは、だあれ」と尋ねると、

    「ホワイトタイガー」との答え。

    名前は「ホーちゃん」

    疲れているのじゃなくて、のんびりしているそうで安心しましたよ

    2024年2月20日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.02.17

    聴診器のむこうに こんにちはパンちゃん

    14才の男の子が、マスク姿のぬいぐるみを持ってきます。

    なまえは「パンダのパンちゃん」

    男の子が生まれた時にお友だちになったので、

    おんとし14才

    白い部分はうっすらと灰色になったけど、

    14年間、ごくろうさま

    まだまだ現役で、がんばってくださいね

    2024年2月17日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.02.09

    聴診器のむこうに わたしにも抱っこさせてね

    外来に来られた女性が、ミッキーマウスのサングラスを見せてくれます。

    ディズニーシーのおみやげに、買ってきたそうです。

    大きなぬいぐるみの名前は「ダッフィー」と「オルメル」

    さっそくサングラスをかけて、ぬいぐるみを抱っこしてのフル装備

    マスクもつけると、とってもあやしい人に変身します。

    ディズニーシーにも、行ってみたいなあ

    2024年2月9日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

  • 2024.02.07

    聴診器のむこうに みんなでお祝い

    1月のこと、外来に来られた女の子が、紙で作った鏡餅を見せてくれました。

    机の上において、ワンワンやカンガルー、コウモリくんが取り囲み、

    お祝いをした後で、お写真を撮りました。

    これからも、みんなで仲良く暮らしましょうね。

    2024年2月7日

    いたやどクリニック小児科 木村彰宏

1/65