カンガルーの小部屋

2024.04.21

あたまのよくなるカンガルー 続いて小児科学会

4月21日 お休みの日

朝から、夕方まで 127回日本小児科学会にWEB参加しました。

耐性菌対策

臨床系研究の倫理と適応規制

5才時健診

教育現場での小児科医の役割

イヤホンを耳に、画面を見つめ、記録をとり、

あたまは充実、目と耳はお疲れさまでした。

2024年4月21日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.20

あたまのよくなるカンガルー 春の小児科学会

4月20日 127回日本小児科学会に参加しました。

福岡の会場に現地参加した高木先生の留守番をしながら、

外来診療の後、WEB参加します。

腎臓の機能と構造

医療統計の基礎知識

2つの講義を聴講し、テストに挑戦して終了します。

アレルギーの講演と少し離れた演題は、新鮮で充実した時間を過ごしました。

2024年4月20日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.19

カンガルーの本棚 イベント続きの冬がきて

坂木司さんの「ウインターホリデー」(文春文庫)を読みました。

突然父親になった青年は、夏休みがおわり、子どもと別れの季節を迎えます。

そして、寒い季節が訪れて、クリスマス、お正月、バレンタインデー、ホワイトデーと

イベント続きの冬を過ごします。

時折訪れる我が子に翻弄されながら、

またひとつ父になっていく姿に、苦笑しつつ、一気読みします。

2024年4月19日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.18

あたまのよくなるカンガルー 夕暮れの神戸港

4月17日 RSウイルスワクチンの講演会にでかけました。

会場のホテルに着くと、夕暮れの港に海王丸が泊まっています。

暮れていく港に帆をおろし、美しい船体をみせてくれます。

講演会の開始までの時間、急いで岸壁まで降り、写真に収めます。

講師は、東邦大学の松瀬厚人先生。

RSウイルスの基礎知識、感染経路や、感染後の予後について

RS研究の第一人者ならではのお話をおうかがいします。

ご講演が終わるとすぐに先生のもとに駆け寄り、追加質問をします。

海王丸と、すばらしいご講演と

最高の夜になりました。
2024年4月18日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.17

散歩のたのしみ ふくろうの庭

お休みの朝、近所の桜を見に出かけます。

高台から見下ろすと、一面に満開の桜景色

少し歩くと、フクロウが何羽も群れているお庭に出会います。

はっちゃんとお散歩した時にも出会ったふくろうさん

とても懐かしい思いがします。

ナナとはっちゃんがいなくなって、

こうして近所をお散歩することも、少なくなりました。

お花見がてら、もう少しお散歩してみようかな

2024年4月17日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.16

カンガルーの輪舞曲 高く泳げや

4月16日 西神戸の幼稚園まで、食物アレルギーの講義に出かけました。

空高くこいのぼりが泳ぎ、

園庭には、子どもの笑い声があふれています。

昼下がりの100分、お聞きされる方にはつらい時間ですが

それでも、熱心に耳を傾けてくださり、

エピペン実習にも熱が入ります。

また来年、お会いできればと思います。

それまで、子どもたちをよろしくお願いしますね。

2024年4月16日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.15

カンガルギー情報 飲みながら小児科談義を

土曜の午後、ADHDとアトピーの2つの講演会に参加した後、

友人の小児科の先生とお会いしました。

豆腐料理をさかなに、話す内容は小児科医師のありかた

今の健康と、これからと、未来を見据えた小児科医のありかたに話が止まりません。

本音を言える友だちとの関係は、いつまでも大切にしようと思います。

2024年4月15日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.14

あたまのよくなるカンガルー 深い話に

4月13日、ADHDの講義を聴講するために、三宮に出かけます。

BOOK OFFで8冊の小説を買い込んで、会場は一番乗り。

今日の講師は、田中究先生です。

親の困りごとと、子どもの困りごと

親や、学校の先生からの一方的な情報収集だけでなく、

子どもの声を聴いて考える大切さを強調されます。

とても深いお話しに、納得、大納得

いい講演会に参加することができました。

2024年4月14日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.13

聴診器のむこうに ワニが好きな食べ物は

採血が苦手な男の子に、「ねえねえ、ボクは動物のだれが好きかな」と質問します。

男の子は「ワニ」と答えるので

「だったらワニさんは、なにを食べるのが好きか知ってる?」と話を続けます。

男の答えは「さかな」

「さかなか、おさしみにして、わさびをつけて、おしょうゆで食べるのかな」

と教えを乞うと、

「なまのままやろ」とツッコミをいれられます。

おかしな会話をしているうちに、苦手な採血も終わりに近づきます。

2024年4月13日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

2024.04.12

カンガルギー情報 身体を守るもの

4月11日、321回兵庫小児アレルギー研究会を開きました。

今回のテーマは、「皮膚が持つ精緻なバリア機構:経皮免疫とアレルギーとの関わり」

演者は、神戸大学皮膚科学教授 久保亮治先生です。

生体にとっての皮膚の役割

外界とのバリア機能について

アトピー性皮膚炎の遺伝学的背景 などなど

同時進行の質疑応答を含めて90分

今年最高の講演会となりました。

久保先生 ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

2024年4月12日

いたやどクリニック小児科 木村彰宏

1 2 3 643